メインコンテンツにスキップ


お客さまの現在地:  ホーム > 健康コラム > コラーゲンの役割 > 紫外線は肌の老化を促進する! ページです。

健康コラム

コラーゲンの役割

紫外線は肌の老化を促進する!
〜紫外線対策のキーワードは、コラーゲン・βカロテン・ビタミンE〜

強烈な日差しが容赦なく降り注ぐ真夏。外出時には日傘や日焼け止めが活躍する時期ですが、実は室内にいても、紫外線は少しずつ肌を老化させているのをご存じですか。シミやシワの対策には、紫外線をブロックするだけではなく、紫外線の害が蓄積しにくい身体をつくることが大切です。そのためには、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

紫外線の種類

太陽光線に長時間当たると、肌が黒くなってくるのは誰でも知っています。なんとなく、パンが焼けるようなイメージを持っている方も多いと思いますが、肌は熱で焦げるのではなく、紫外線の害から身体を守るための防御機能で黒くなるのです。身体が色を変えてまで防ごうとする紫外線。その影響は、想像以上に大きいのです。

紫外線にはA・B・Cの3種類の波長があります。波長の短いC波は身体に一番悪いのですが、オゾン層で吸収され地上にはほとんど届きません。日焼けを起こす主な原因となっているのは、中間波長のB波です。B波は雲やガラスを通 り抜けられないので、曇りの日や室内にいるときには、B波の影響を受けることはほとんどありません。意外に知られていないのが、最も波長の長いA波です。A波は雲や窓ガラスを通 り抜けるだけでなく、表皮を突き抜けて真皮層まで到達します(図1)。A波の影響は強いものではありませんが、長い間に少しずつ蓄積されていきます。

図1
シミやシワの原因は光老化

紫外線を浴びると体内に活性酸素(体のサビ)が発生します。活性酸素は、真皮層の70%を占めるコラーゲン線維にダメージを与え、正常な構造を壊してしまいます。活性酸素の影響を受けたコラーゲン線維は、不自然な結びつきが増えて固くなるため、新陳代謝が鈍くなっていきます。これが紫外線の影響による老化現象、いわゆる「光老化」です。

真皮層の外側にあるメラノサイト細胞は、紫外線にあたるとそれを跳ね返そうとメラニン色素を生み出します。メラニン色素で黒くなった肌は、紫外線の影響を受けにくくなるのです。若いうちは新陳代謝が活発なので肌の色もすぐ元に戻りますが、歳をとってくると部分的な代謝の異常などがあり、メラニン色素が抜けないところがでてきます。これがシミなのです。

また、古くなったコラーゲン線維は水分を保持する力も弱く、ピンと張っていることができません。表皮の厚さはわずか0.02mmなので、真皮のコラーゲン層の状態がそのまま肌の状態に現れてきます。コラーゲン層が固く波打っていると、肌にシワやたるみが生じるのです(図2)。

紫外線が肌の老化を促進するとはいえ、家でくつろいでいるときまでファンデーションを塗るのは面 倒ですし、昼間から遮光カーテンを引いて穴倉のような部屋で生活したくはありません。何か別 の方法で、紫外線対策を考えてみましょう。

図2)皮膚の構造
コラーゲン補助食品の役割

光老化に対抗する有効な手段のひとつは、体内のコラーゲンを老化させないことです。身体には古くなったコラーゲンを新しく入れ替えようとする働きがあります。ところが、動物の骨や皮に含まれるコラーゲンを、日常の食事で口にする機会はほとんどありません。そこで補助食品としてコラーゲンを補給する必要性がでてくるのです。

コラーゲンが充分に補給されれば、体内のコラーゲンは常に入れ替わり、活発な新陳代謝が維持できます。新陳代謝が活発であれば、メラニン色素の沈着がおきにくくなり、また、水分をたくさん含みピンと張ったコラーゲンの状態が、みずみずしくハリのある肌として表面 に現れてくるというわけです。

美肌といえばすぐにビタミンCが思い浮かびますが、ビタミンCの最大の働きは、体内でコラーゲンを合成することなのです。このことからも、肌の老化にコラーゲンが有効なのがわかります。

βカロテンとビタミンE

光老化を防ぐもう一つの方法は、紫外線によって生み出された活性酸素自体を除去することです。活性酸素の攻撃から身を守る物質はスカベンジャー(抗酸化物質)と呼ばれ、その代表選手がβカロテンです。βカロテンは緑黄色野菜に多く含まれ、ビタミンCの1000倍ともいわれる抗酸化作用を持っていますが、そのまま摂っても体内に吸収されにくいという欠点があります。その欠点を補うのが「若返りのビタミン」の別 名を持つビタミンEで、βカロテンを身体に吸収されやすくしてくれます。

また、ビタミンEは体内でもβカロテンと密接な関係にあります。活性酸素と戦ったβカロテンは酸化して役に立たなくなってしまうのですが、そこにビタミンEが働きかけると、またβカロテンの抗酸化力が復活するのです(図3)。

図3
紫外線対策は食生活から

戸外で日光にさらされる機会の多い、農業や漁業を営む人たちは、手や顔、首すじなどにシミやシワができやすくなります。また、普段は屋内で生活している人でも、露出している部分と衣服に隠れている部分では、肌の状態がまったく違うことからも、紫外線が肌の老化に深く関わっていることがわかります。

同じ年代の人でも肌の状態が違うので、同世代に見えなかったという経験は、誰でもしたことがあるでしょう。肌の老化の80%は光老化だといわれています。つまり、紫外線からうまく身を守ることができれば、シミやシワ、たるみの80%は防ぐことができるのです。肌の露出を極力避けたり、UVケアの化粧品を使用したりすることも、紫外線のカットには重要なことですが、普段の食生活に気を遣って、コラーゲン・βカロテン・ビタミンEなどを積極的に摂って、紫外線の影響を受けにくい身体をつくりましょう。

βカロテンとビタミンEがバランス良く入っている食品として、
「桑葉青汁・おいしい緑」をお勧めします。

  βカロテン ビタミンE
桑葉青汁・おいしい 緑 (1 包 / 2g) 700μg 1.3mg
ニンジン(10g) 900μg 0.1mg
かぼちゃ(10g) 400μg 0.5mg
ブロッコリー(10g) 80μg 0.3mg
ほうれん草(10g) 420μg 0.2mg


このページは終了です。ページトップへ